組織仕組み

組織マップ

党委員会

人民会合

人民委員会

各界、省、部門

県、町、都市

各会、団体

垂直方向の部隊

垂直方向の部隊

ウェブサイトのリンク


世論調査

電子ポータルのインタフェースについて、ポーリング調査Đồng Nai
  • 美しい
  • の平均
  • 悪い
  • 外観を変更する必要があります!
  • その他のアイデア

 人民会合

ドンナイ省の人民議会

県会議及び議員団事務所

Dong Nai県、Bien Hoa 市, Nguyen Van Tri 通り、2番号.
電話番号: 061.3847.742 - Fax: 061.3847.741
ウェブサイト:http://hdnd.dongnai.gov.vn/ 

I. 県会議の事務所、機能、位置
* 県会議事務所の機能、位置:
- 県会議事務所は県会議の各委員会及び人民代表会議常務、人民代表会議の稼働組織であり、機能があるのは県会議の代表人民代表会議の代表組、県会議の各委員会及び人民代表会議常務、人民代表会議の活動を開催して、人民代表会議常務によって負わせられた仕事を参謀する。.
- 県会議事務所は別の判子がある;県会議事務所の稼働の経費は県会議の稼働経費にある。法律の規定により毎年予算を配置する事と現行規定により取引するように、Dong Nai県の国庫で講座を開ける事は県会議によって決定される。.
* 県会議の事務所:
県会議の事務所の根城は県会議事務所と県会議委員会、常務のしょっちゅう働く所です。まずは県会議事務所の根城がというDong Nai県、Bien Hoa 市、Thanh Binh 府、Nguyen Van Tri 通り、2番号住所で県国家行政同体の根城に置く。
 II. 県会議事務所の限界、責務:
- 人民代表会議常勤、県会議委員会に活動計画、プログラム及び県会議、常勤、県会議委員会の全年、6ヶ月、4ヶ月、毎月の監視プログラムを作成して、そのプログラムを開催して手伝う事。
人民代表会議、県会議代表者に活動計画と人民代表会議常勤、県会議委員会によって承認された全年、6ヶ月、4ヶ月、毎月の監視プログラムを実施して手伝う事。
県会議代表者に民人に対応して行って、県会議常勤に人民の届けを受けて、配達して手伝う事;県会議代表者が解決するように、権限のある機関、組織へ配達した人民の陳情書、告訴、異議の解決をフォローして強化する事。.
人民代表会議代表者に投票者に接触して支援する事;人民代表会議常勤に投票者の意見を纏めて、規定により質問と質問回答して、法律の規定によりその陳情書を検討して、回答して解決するように、権限のある機関、組織へ送る事。.
県会議常勤に会議を行って、準備して、人民代表会議の稼働規制により会議時期で県会議代表者の活動、人民代表会議の会議時期内規、法律の他の規定を保証する事。
人民代表会議、県会議常勤によって割り当てられた提案、報告の審査に関する県会議委員会の活動を協力する事について県会議常勤を手伝う事。.
県会議委員会と県人民委員会事務所を協力して、人民代表会議の活動を報告して準備して、承認して検討するように、県会議常勤、人民代表会議に報告する前に文書の内容、形式を検査する事;マスメディアで県会議の政令を一般化するように、機能機関と協力する事
県会議の毎年、毎季、毎月の経費予算を作成し、国家金融体制により県会議の金融決算、消費を管理して、人民代表会議の代表者、人民代表会議の代表者組、人民代表会議委員会、人民代表会議常勤、人民代表会議の活動に必要施設、手段、条件を保証する事。
法律の規定により県会議委員会、人民代表会議常勤、人民代表会議の書類保存、文書を管理する事。.
法律の規定により渡された県会議の技術施設、財産、装置、幹部、官界を編制して、開催を管理する事。
人民代表会議、県会議常勤によって割り当てた他の責務を実施する事。.
 III. 県会議事務所の編制、組織仕組み:
県会議事務所の指導者は官房長と1人から2人の官房副長がいる.
県会議の官房長と官房副長は県人民委員会の議長と統一した後、県会議常勤によって命じられて、解職された。.
県会議事務所の組織仕組みは下記の部門を含む:
- 総合部門
- マネージメント-行政部門.
県会議事務所の編制.
県会議事務所の公務員幹部編制トータルは14人(県会議の専任委員副長、専任委員長、人民代表会議常勤の肩書きを除く).
 IV. 県会議事務所の直属部門と事務所指導の限界、責務:
* 事務所指導の出勤制度.
事務所指導は所長の制度により働いている。
下記の事は指導団体制度により実施して、担当個人、多数により決定する。:
- 事務所の6ヶ月、毎年の責務実施状況報告、事業プログラム、責務、主張.
- 事務所の専攻部門、事務所指導の出勤規制、規則公布.
- 公務員幹部に対して規律、観賞、給料引き上げ、引退させて、退職させて、公募、受付、配置、命じて、幹部企画事業;訓練して学習するように、外国、国内で行く幹部を派遣する;公務員幹部の生活に関する問題.
- 国家の現行規定により設備、財産買い物、基礎開設。
* 県会議の官房長の限界、責務.
官房長は県会議事務所の活動を合同して運営して、県会議事務所の全ての活動を責任する;他の人に割り当てされた仕事を解決しない;部下の責務をやらない。.
官房長は下記の事を直接に指導する:
- 毎日の事を解決するように、(直接は県会議常勤)県会議に参謀する。
- 報告、公布する前に、県会議常勤、人民代表会議の文書原案を検査して完了する。県会議常勤に報告するように、県会議事務所の提案、事業報告を公布する。.
- 県会議常勤の委任により、県会議の官房長は県会議の活動経緯に対して勘定主になる(県会議事務所の活動経緯を含む); 県会議事務所と人民代表会議の経緯属基礎開設投資プロジェクト主になる; 法律の現行規定と県会議常勤、人民代表会議の決定により県会議の使用権属財産、経緯使用、管理する。.
-公布した国家金融制度により県人民評議会の金融報告作成と計算、消費、管理、責務を実施するように、統計、 経理行政組織開催を担当して、建設投資、買物と県人民評議会の事務所と人民評議会の財産を保管する。
- 県人民評議会事務所のマネージメント、行政、開催事業を直接に指導する。
- 県人民評議会事務所の規則-観賞-競争評議会の議長を務める。
- 党団の割り当てる事により県人民評議会の党団の秘書を務める。
- 官房長は県人民評議会の委員会、人民評議会常勤、県人民評議会の観察、考察と会議に参加する。県人民評議会常勤によって委任された時、他の文書、会議参加招待状、通知、書簡を署名する。
* 県人民評議会事務所の官房副長の責務、権限は下記の担当:
総合課長兼県人民評議会の官房副長は情報総合分野について官房長に手伝う人であり、仕事を解決して、自分の決定について自分で担当するように、官房長の権限を使用される。委任されない時、他の人の権限属仕事とか負わせられた事を解決しない。部下の責務の代わりにやらない。
責務、権限は下記のように詳細表示される。
- 合同総合。
- 県人民委員会事務所、国会代表団、事務所、県委事務所、県人民評議会事務所の機能部門、県人民評議会の委員会と協力して、県人民評議会委員会と常勤の毎週出張スケジュールを立つに官房長に手伝う。
- 県人民評議会委員会、人民評議会常勤、人民評議会の観察プログラムと活動プログラム案、そのプログラム実施をフォローする。
-事務所専門委員とか提案主機関によって準備された 県人民評議会常勤の報告案、改正、編集する.
- 事務所のアイティーと県人民評議会の観賞競争事業;総合分野属問題について担当して、処置する。
- 官房副長は人民評議会常勤、県人民評議会委員会の会議、観察、考察に参加して、秘書になる専門委員を負わせる。委任されたとか負わせられた時、県人民評議会の官房長の代わりに他の文書と担当された分野属会議参加招待状、通知、書簡を著名する。
- 編集委員会に参加して、県人民評議会ニュースの内容を担当する;県人民評議会常勤の指導により他のブックと県人民評議会の会議内容を纏めて、編集、印刷、発行する;県人民評議会代表に情報供給、開拓を担当する;県人民評議会常勤の指導により他の個人組織と新聞界の前に発言と情報を供給する。
- 官房長によって委任とか負わせられた他の責務を実施する。
* 総合部門の責務:
総合部門は首相制度により働いて、官房副長の指導の下に総合を担当して、部門の活動を担当する。責務は下記のように詳細:
- 専門委員別の責務は県評議会の官房副長によって負わせる。必要の時、県人民評議会官房長、委員副長、委員長、常勤は専門委員を直接に働いて、それから、専門委員が仕事内容を再報告する。.
- 県人民委員会委員会、常勤の出勤規制、事業プログラム実施案とフォローする。
- 県人民評議会によって報告された提案、政令査定責務実施を県人民評議会委員会、常勤に手伝う;議事録記入の秘書を務めて、県人民評議会事務所、委員会、常勤の観察、考察、会議の結論報告を作成する;報告して、県人民評議会委員会、常勤が検討して、決定するように、県人民評議会の観察、考察団の陳情、結論する組織、個人を強化してフォローする;県人民評議会の規則、観賞-競争事業を総合して、フォローする。
- 県人民評議会事務所と委員会、常勤、人民評議会の文書作成参加と作成する。
- 県地区で法実施と国防治安-社会ー経済分野の状況を総合して、フォローする;必要問題を早速に処置方法を事務所、委員会、常勤に提出する。
- 県人民評議会委員会、常勤に参謀するように、経済、金融、文化、社会、宗教、民族、国防治安と法律実施の分野関連書類、法律規範文書を研究する。
-県人民評議会代表、人民評議会委員会、人民評議会常勤に送った人民の届け、訴え届け、告訴届けを権限のある機関へ渡し、フォローして、総合する;届け、訴え届け、告訴届けの解決をフォローして、強化する。
- 代表の質問、投票者の意見を纏めて、機関、権限のある人へ渡して、回答、質問、投票者の意見の解決を貰って、人民評議会常勤に報告する。
- 総合専門委員は負わせれれた県の他の会議、県人民評議会事務所、委員会、常勤、人民評議会の会議に参加する。
- 著名して公布する前に、委員会、常勤、人民評議会の文書を編集して、改正する。
- 規定により十分な書類、データを出して、保管する。法律の規定により事業の秘密を守る
- 負わせられた他の責務を実施する.
* マネージメント-行政部門の責務:
マネージメント-行政部門は首相制度により、マネージメント-行政課長の運営の下に働いている。マネージメント-行政課長はマネジメント-行政分野属問題、幹部組織管理に官房長を手伝って、部門の活動を担当する。詳細責務は下記のようです:
- 発行の時、文書形式、文書事業開催を担当する;書簡管理、登録、受け付けて、書簡回転手順をぎっしりフォローして、必要の時、処置するように、官房長に早速に報告する。送った書類を受けて、台帳に記入して、住所により書類を配置する;書類を処置して、提出して、書類を早速に発行する;法律の現行規定により秘密制度を厳正に実施する。
- 事務所の指導者の要求により人民評議会、常勤、委員会、県人民評議会に文書をタイプして、コピー、印刷する。
- 国家の規定により他の書類、紹介状、足掛りを管理して、調印する。
- 県人民評議会事務所に送った政府、党組織、中央の文書及び(県人民評議会代表、代表組、委員会、常勤の書類を含む)県人民評議会、県団体、業界、委員会、所の書類を集中して、管理する。
- 事務所指導の要求と政府の規定により県人民評議会事務所、幹部組織、保存、文書事業について政府事務所、県人民評議会常勤と報告を作成する事に官房長に手伝う
- 規定により政策、制度を間に合って実施する;承認された予算、計画により県人民評議会事務所指導委員会、常勤の要求から県人民評議会事務所と人民評議会に活動の経費を保証する。金融報告、計算、金融制度により執行して、法律の規定により上級金融機関と県人民評議会官房長に報告する。
- 官房長の機動の命令により事務所と代表、委員会、常勤の活動に乗り物を応じる。.
- 外国、県外、県内のお客様団が訪問する時、迎えるように外交、受付事業を実施する。
- 装置された財産、技術施設を管理する;事務所の指導者、県人民評議会常勤の依頼により品物、財産の処置、棚卸し、配置、保持、変更、修理、買物計画を立つ。
- 合理な証拠が十分にある時、県人民評議会事務所と県人民評議会の活動に現金、品物を受けて、配布する;命令が規定した制度に比べて違い事とか合理な証拠が十分じゃない事の時、現金、品物の配置の拒絶権限がある。
-他の費用と生活費及び 県人民評議会事務所の公務員、専任委員長、専任委員副長、常勤委員、副議長に他の支払い金額と給料支払い事業を手伝う。
- 労働組合、他の団体組織と一緒に公務員の物質、精神を介抱する。
- 公務員の規定実施を強化してフォローする;管理委員会の要求により自衛団、消防団に参加する事に公務員を登用する;消防、秘密保護の知識を向上して、安全、秩序衛星を保障、維持する。
- 事務所の施設、財産使用、経費使用管理過程に不合理の処置について事務所の指導に参謀して、提出する。節約、むだ取り、合理な使用を保障する。
- 事務所の指導者によって割り当てられた他の責務を実施する。
 V. 県人民評議会事務所の出勤制度:
* 県人民評議会常勤と人民評議会の活動プログラムを立つ:
- 2003年に承認された人民評議会と人民委員会組織法及び事務所、県の政令に基づいて、全年、6ヶ月に観察プログラム、活動プログラムの具体化;県人民評議会の全課プログラム作成を県人民評議会常勤に手伝う。
-全年、6ヶ月に観察プログラム、活動プログラムに基づいて、毎月、毎季に観察プログラム、活動プログラムを作成し、そのプログラムを実施して、フォローし、展開結果を報告する。
- 事務所、県人民評議会委員会、常勤の運営依頼と毎月活動プログラムに基づいて、県人民評議会委員会、常勤の毎週事業プログラムを作成し、実施を協力するように、関連機関と郡級人民評議会常勤に送る。
* 情報事業開催.
- 事務所は、全国と県の各級、業界の会議、報告から情報を受けて、開拓する;インタネット、ミーディアで情報を開拓して、人民評議会の代表に情報を供給するように、県人民評議会ニュースを編集する。
- 総合研究専門委員は状況を纏めて、人民評議会事務所官房副長に送って、査定して、県人民評議会代表とか県人民評議会の常勤の依頼により住所へ移動するように、どの地方、単位、分野フォローを割り当てられば、その地方、単位、分野での情報を受けて、開拓して担当する。
- 毎週にシフト交換会議を行って、専門委員が先週の予定、処置した結果と情報を報告する;委員会の書道者、常勤の情報供給、先週の仕事の指導を聞く;官房長が結論して、先週の仕事を展開する。
- 事務所書道者と総合専門委員は自分の責務に情報を集中するように、政府ネットとインタネットを使用して、情報を開拓する(情報はインタネットに無ければ、事務所が供給する(有れば);事務所は要求が有る県人民評議会代表、県人民評議会委員会の指導者、常勤に情報しか供給しない。
* 県人民評議会の決定実施をフォローする事と決定出し過程に応じる:
- 官房副長は割り当てられた分野属報告、政令などを作成して、常勤に報告について専門委員を割り当てる。(法律規範文書も単なる行政文書を含む)文書作成を割り当てられたどの専門委員は調査、情報纏め工程から決定を出して、フォローして、結果報告まで担当する。
- 全文書は報告する前に(文書が組織-行政-マネージメント分野を属される場合マネージメント-行政課長とか(文書が総合分野を属される場合)総合担当官房副長によって承認されて、その文書の形式、内容を担当する。大事な文書に対して、官房長によって承認させて、県人民評議会に報告して、公布される。
- (県人民評議会事務所、委員会、常勤の会議を含む)県人民評議会のお客様迎えプログラム、観察プログラムとか会議がある時、総合事務所の副長とかマネージメント-行政課長は会議参加招待状を検討して、官房長によって承認させて、県人民評議会常勤に報告して、公布される。会議参加招待状と添付書類(有れば)は最低5日間の前、招待される部門を送る(突然な場合を除く)。
- 45日間ぐらい県人民評議会の会議の前に、事務所は会議内容プログラムの作成に県人民評議常勤に手伝う;30日間の会議の前に、事務所は会議に報告するプログラム、内容を相談するように、連続会議開催に県人民評議常勤に手伝う。
- 県人民評議会官房長は県人民委員会官房長と協力して、会議過程をフォローして、相談意見を纏めて、報告する;会議に関連機関と事務所の活動を協力する。
- 総合専門委員は地方、分野、業界フォローを割り当てられて、機関と協力して、政令を実施、展開結果報告、検査、フォローして、結論を報告して、処置必要問題を県人民評議会常勤とか事務所の指導者に提出する。
届け書簡:
- (直接に送るとか郵便局で送られた)県人民評議会事務所と県人民評議会事へ送った書簡は文書部門が受けて、台帳に記入して、処置する官房長へ移動する。
- どの部門を属する県内外の個人、組織の書簡は官房長がその部門の指導者へ移動して、処置して、関連部門へ送るように、コピーする。
- 送った地方とか中央の法律規範文書、党指示、決定、政令は官房長が県人民評議会常勤へ送って、実施指導意見をお願う。
- 全会議参加招待状は処置する官房長へ送って、封筒には名宛人の氏名を明確に記入すければ、文書部門が名宛人へ直接に送る。
回送書簡:
- 回送書簡は文書部門が郵便局へ送る事とか事務所が受ける機関へ直接に送る前、フォロー台帳に記入する。
- 送った書簡は事務所で3版を保存する:1版が文書で保存して、(総合分野を関連すれば、官房副長に1版を追加送る)1版が官房長へ送って、1版が分野フォロー専門委員で保存する。県人民評議会の会議参加招待状なら、招待状により成分を送る事の他には会議室を這いちすうるように、行政課長に1版を追加送る。
- 毎年の3月末に保存倉庫に先年のデータ、書類を全部提出する。
* 毎年経費使用、管理、経費予算を立つ:
- 毎年の11月末に事務所は国家予算法の規定により来年に経費の領収-支払い予算を立つ。県人民評議会常勤に報告して、県人民委員会が毎年に経費領収-支払い予算を承認する前に、財政所の賛成意見がある事と相談する。
- 配置された予算に基づいて、事務所は毎月、毎季に配置計画を立って、県人民評議会に報告して、承認して、実施を展開する。
- 支払い要求に基づいて、官房長が権限のある機関によって公布された現行の制度、政策国家の規定により書類により支払いを命令する。
-毎季、6ヶ月に事務所は経費予算実施結果を報告する。支払いが予算を超える場合は事務所が経費補充をお願うように、県人民委員会の議長、県人民評議会常勤に報告する。
- 毎年、県人民評議会事務所は法律の規定により財政所と金融決算報告を実施する、
 VI. 県、中央の業界、委員会、機関と県人民評議会委員会、常勤と県人民評議会事務所の事業関係
* 県人民評議会委員会と常勤と県人民評議会事務所の間の関係:
- 県人民評議会事務所は県人民評議会常勤の指導を貰う。直接は人民評議会常勤委員、副議長です。専任委員長、専任員委副長という直接に実施する県人民評議会委員会と活動協力を県人民評議会常勤に手伝う。
- 県人民評議会の官房長は下記の事を県人民評議会常勤に報告して担当する。
-地方と中央国家の法律規範文書;実施展開意見をお願って、報告するように、県人民評議会と個人、組織の陳情、意見です。
- 事務所の出勤規制案。
- 全年、6ヶ月に事務所の活動を主宰する(指導意見をお願って、突然に早速に報告する場合を除く)。
- 総合専門委員と行政課長、事務所指導者、委員会の専任指導者、常勤の参加がある県人民評議会事務所の毎週のシフト交換会議を主催する。
- 事務所指導職務企画予定;事務所での部門の級長、級副長職務を命じる予定;総合専門委員の事業配置、応募予定。
- 副官房長、行政課長と事務所の部門の幹部は県人民評議会の専任委員長、専任委員副長常勤と直接に出勤された。それから、毎週にシフト交換時間に仕事内容を官房長に報告する(指導者の別の依頼がある場合を除く)。
* 政府事務所、国会事務所と県人民評議会事務所の関係:
県人民評議会事務所は事務所業務について政府事務所、国会事務所の指導を貰う;政府と国会常務委員会と県人民評議会の報告制度実施と情報事業に協力関係;国会の民族評議会、地方で出勤して訪問する国会委員会、国会常務委員会の同士の出張を開催して協力する;政府事務所、国会事務所幹部が負わせられた責務が完了するように、一番良い条件を挙げる。
* 県人民評議会事務所と県委事務所、国会代表団事務所、県人民委員会事務所及び他の業界委員会、所の間の関係:
国会代表団と県人民委員会、県委常勤の仕事プログラムに合う県人民評議会常勤の仕事プログラムを開設するように、お互いに協力する。
県人民委員会、県委常勤、県人民評議会常勤の活動に応じる事務所の活動関連問題と事務所事業について経験をよく相談する。
 
VII. 県人民評議会の事務所に団体、党組織
* 事務所にはベトナム共産党の規則の規定により党基礎組織がある;法律の規定により他の団体組織とベテラン会、労働組合組織、Ho Chi Minh 共産青年団がある。
- 事務所での党組織と事務所指導者の間の関係.
- 県人民評議会の事務所は県人民評議会の事務所支部、支委の直接指導を貰う。毎月に官房長は事務所の責務、主張、事業実施状況について支委に報告する。政治責務実施大衆、党員指導方法を支部に提出する。
- 支委は機関の政策、制度実施、事業主張について党員の意見を事務所指導者に反映する。幹部、公務員、党員に対して思想、政治教育を実施するように、事務所を一緒に指導する。事務所内務属幹部、公務員の正当な陳情、訴え解決方法を相談する。
- 幹部組織事業に対して、事務所指導者は支委の意見を統一して、相談する。事務所指導者と支委の間に異なる意見がある場合は官房長が県人民評議会常勤に報告して、決定を出して、その決定を担当する前に、意見をお願う。
- 事務所属級副、級長職務を担当する幹部登用要求がある時、事務所指導者が、青年団、労働組合、各部門の級長、級副幹部、支委、事務所指導者の票で選挙を開催する。
- 県人民評議会での団体組織と公務員、幹部の間の関係。
- 県人民評議会代表者は専任活動して、(県人民評議会委員会の専任委員副長、長、常勤委員、副議長を含む)県人民評議会の事務所によって給料を支払わせる;(政府の68番号政令により契約出勤人員を含む)県人民評議会事務所の幹部、公務員は県人民評議会事務所での団体組織に参加出来る。自分が参加した団体組織の規則により権利、業務、責任を十分に実施しなければならない。
- 県人民評議会事務所指導者と党組織は指導を担当して、事務所での団体組織が自分の団体指導権を発揮して、潔白で、強固になる県人民評議会事務所を開設するように、条件を挙げる。負わせられた政治責務が完了して頑張る。
                                                     115/2005/QĐ-TT.HĐND番号決定により

1. 県人民評議会常勤、国会代表団指導者

 

 

 

                                       

 


カテゴリ