日本・ベトナム経済フォールム常任会長はドンナイ(Dong Nai)省で考察して投資機会を探すため、ドンナイ科学技術省へ訪問し

アップロード: 12/12/2011
6月18日朝、日本・ベトナム経済フォールム常任会長兼日本内閣の経済協力政策及び財政政策を担当する次官を務める文七藤岡氏はドンナイ科学技術省へ訪問した。ドンナイ(Dong Nai)省の知事としてディンコックタイ(Dinh Quoc Thai)氏は出迎え、そして、日本・ベトナム経済フォールム常任会長がドンナイ(Dong Nai)省で考察して投資機会を探しに来た事を歓迎した。
 

ドンナイ(Dong Nai)省及び科学技術省のリーダーは日本団体と一緒に写真を撮っている。

会議では、ファムヴァンサーン(Pham Van Sang)氏は団体にバイオテクノロジ応用センターとバイオテクノロジの専門でハイテクパーク建設の主張もこの省の投資を誘致して勧める対策もロンタン国際空港プロジェクト、ホーチミン市・ロンタン(Long Thanh)・ヤウジャイ(Dau Giay)高速道プロジェクトが開始する時、センターとの繋ぎ合わせる位置、交通について有利な条件を紹介した。

また、会議でも、福岡氏は日本側が400500ヘクタールの面積規模で科学的公園区域のプロジェクトと約5千億~6千億円の資本調達計画を投資するつもりだと知らせた。分かっている所で、この科学的公園区域の組織と主要な機能がベトナム人材のトレーニングという目標に基づいて国際的大学、教育・トレーニング基礎を建設すると共に、科学を研究しに来る国内と外国からの優秀な人材を誘致して集中するための条件を付けるということである。ハノイとホーチミン市の他、ドンナイ(Dong Nai)省はフォールムが投資場所の選択を発見している地方だ

ドンナイ(Dong Nai)省のバイオテクノロジ応用センターを訪問してから、藤岡氏は現在、センターの内と外にあるインフラが足りませんが、ロンタン(Long Thanh)国際空ホーチミン市・ロンタン(Long Thanh)・ヤウジャイ(Dau Giay)高速道港・・・などドンナイ(Dong Nai)省で展開されている大きなプロジェクトで、ドンナイ(Dong Nai)省のバイオテクノロジ応用センターが理想的な投資誘致の場所になりますと評価した。同時に、バイオテクノロジ応用センターに投資可能について日本企業を紹介して支持する事を始め、フォールムがドンナイ(Dong Nai)省で投資可能を分析し、評価するベースがあるため、藤岡氏も科学技術省側が情報を交換して続けると勧めた。

 

記者(Thanh Canh) 翻訳者(Hong Loan)