獣医部門と食品安全衛生確保作業

アップロード: 12/12/2011
獣医師局によると、2011年の6ヶ月間において、獣医部門が1400万ドンの罰金で食品安全衛生法違反を164件制裁して進めたということである。統計表では、市場で50%の家畜産量が賢察される。しかし、違法虐殺で50%の肉産量市場でうれるのが賢察されない。この原因も消費者へ影響する不衛生な食品安全を起す大きな危機になる。
 

約50%の家畜の商品が市場で売れるのが賢察されている。

家禽の肉については、約90%の肉が賢察される。それも牧場モデルによって家禽飼育の発展と管理からの成功である。今まで、全省では、22ヵ所の虐殺施設、11ヵ所の加工施設、と4ヵ所の保管施設が規定どおりに登録する獣医衛生条件の証明書を与えられた。2011年6ヶ月間において、ドンナイ省の獣医部門が119つの肉見本、291つの水見本、147つの空気見本、175つの道具に対して獣医衛生を検査して進めた。検査した見本の中に、7.56%の肉見本、34.02%の水見本、49.66%の空気見本と5.71%道具見本が十分な条件を証明された。その他、省内で、獣医衛生の条件の検査作業と疫病安全性施設の建設が展開されている。年初の6ヶ月間において、Dinh Quan県、Trang Bom 県、Xuan Loc県で25ヵ所の疫病安全性牧場を再検査し、そして、19ヵ所の豚飼育牧場を検査して進め始める。

過去の注意ちた問題は多数の食中毒ケースが主に異性物汚染で起した。ドンナイ省の食品安全衛生支局は予防健康センターと配合し各県、Long Khanh町、Bien Hoa市で微生物汚染と化学汚染を検査して行った。しかし、住民が不衛生な食品安全の危機は何によりも問題の関心を持たれる。それで、健康保護のための食品安全の生産、加工、経営と使用の責任が別などの部門のではないでしょうか。

食品安全衛生の作業の貢献については、獣医部門も各地、関連部門と積極的配合し、食品安全衛生確保を普及する。また、獣医支局はVinh Cuu県、Nhon Trach県の人民委員会と配合し、50ヵ所の豚と鶏の飼育牧場側に疫病安全施設設立の内容を研修して展開した。同時に、獣医支局側は動物の虐殺、経営施設や動物の製品や獣医薬の製造、経営と生物製品の評価、分類について75人の獣医幹部に展開、案内計画を立てた。そして、Lisfsapプロジェクト管理委員会と配合し、150人に獣医共同研究者に能率向上のための研修コースを3回行った。

記者(Dieu Linh)  翻訳者(Hong Loan)