村の職員の誘致対策の給料制度がまだ良好ではない 

アップロード: 12/12/2011
この間、団長社会文化委員会の部長であるグインヴァンフン(Nguyen Van Hung)氏により社会文化委員会(人民会合)は内務省と関連各省で省内にある村、区、町へ通勤して帰る高校学校や大学程度を持つ職員誘致政策関連監察会を行った。 

内務省の報告書によると、ドンナイ省の級村、区の行政部隊総数が第1種類から第3種類まで171ヵ所である(政府議定92/2009号に沿う25人の第1種類に配置された職員、23人の第2種類に配置された職員、21人の第3種類に配置された職員)。分かっている所で、幹部、職員の総数が4119人である。2011年6月30日まで、各県、Long Khanh 町とBien Hoa市で1722人の担当者で職員を3183人配置した。未養成の幹部が48.55%を占め、未養成の政治のが

14.63%を占める。残り職員は1461人である。その内、未養成専門の人が7.39%を占め、未養成政治の人39.29%を占める。 

 

近年、科学技術省が幹部、若職員を誘致する政策がある部隊の一つである。 

省内にある各村で幹部の誘致対策を実施する結果については、現在、264人の担当幹部、職員が村で通勤し、誘致制度を受ける。誘致制度を受ける53人が県から村まで転勤した。3年を経て、内務省が人民委員会側に職員募集を5回参謀している。結果、375人が募集された。その人たち、各県、村、区で仕事を受けるのが295人だった。程度が72幹部の中級学校程度、40幹部の高等学校程度、183幹部の大学程度が人民委員会の20081014日の決定31/2008どおりに誘致程度を受ける。

積極的面以外、村、区へ働いて帰る若くて熱心な幹部をまだ誘致しない給料制度が出された。新募集の幹部が行政管理作業の経験を足りない。また、募集を積極的進めない各地もある。新募集の幹部と年功序列の幹部の制度も異なる。

記者(NL)翻訳者(Hong Loan)