共産党の検査・検討の事務が強化し改新され 

アップロード: 12/12/2011
10月18日朝、 ドンナイ(Dong Nai)省の会場で3年間、「共産党の検査・検討事務の強化」について共産党中央の執行委員会(第10期)の議決14-NQ/TW号を実施して展開していた総括会議を行われた。共産党中央の委員兼 ドンナイ(Dong Nai)省秘書を務めるチャンディンタン(Tran Dinh Thanh)氏は会議を取り纏めた。
 

 会議の光景 

会議で過去3年間、共産党中央執行委員会の議決14号を実施することについては、指導方法、品質と効果に関する検査検討規程の実施を始め、検査検討事務が強化し改新されている。と評価された。検査検討事務が全面的に展開された。そして、主要で消極的ケースを起こし易い役割、分野を中心にする。例えば、タイムリーに防止し、共産党の法律を守るために、共産党と党員の検査・組織事務を強化し、検討を中心にすることである。したがって、党員と共産党部隊の戦闘力の向上に寄与する。検査検討を通じて、各級指導は指導事務の状態が握手できるようにする。同時に、タイムリーに指導して各地、部隊の発生した場合、困難を解決した。

 あった結果以外、検査検討事務が克服しなければならない困難に残っている。例えば、計画を立てること、検査計画を実施することが普通進められない。各級共産党、指導者、検査団体の認識が限定して集中しないどこもある。検査幹部と構造組織が足りない、程度と実際的能力も不十分。。。

 会議では主要な役目が14 – NQ/TW号を実施するのは次年指導方式、役目実施の組織を連続改新しなければならないと確定られた。その他、共産党の検査検討事務を強化する。検査検討、共産党の議決、指示を全面的に実施することを中心にする。同時に、新状況の要求に対する検査事務の品質、効果の向上に寄与するため、検査検討事務を担当する幹部を設立する。

 

記者Lien Huong)  翻訳者(Hong Loan)