第XI回党大会が開幕、全面的更新

アップロード: 20/07/2011
第XI回ベトナム党大会が11月12日の朝、ハノイ市ミーディン国会会議場で開幕した。共産党、政府のリーダー及び、全国の党員にかわり1377人の代表者は大会に出席した。

国会会議場

第XI回ベトナム共産党大会の大きい責任

政治省委員兼国家主席グエン・ミン・チェット氏は大会開幕の演説 を読んであげた。同氏は、党祝いのための良い成績を取得したあらゆる階層の人々、各部局、各地方の愛国心運動をほめた。

「第XI回ベトナム共産党大会は重大な時期に行なわれる。それは25年間の国の更新、社会主義への過渡期の国家建設綱領。あらゆる階層の人々は困難を乗り越え、大きい成績を取得した。その結果、経済・社会の発展に大きく貢献した」。同氏がそう述べた。

また、「20年間にわたり、私たちが取得した成績はとても大きい。人民の生活の質が徐々に良くなる一方だ。ベトナムの地位も高くなります。しかし、ベトナムは厳しい挑戦に直面しています。それで、第XI回共産党大会の任務はとても大きいです。」と話し、大会に対し、現実を直視し、短所と長所を考慮するよう求めた。

全面的発展

開幕式で、ノン・ドック・マイン書記長は、「管理、戦争の能力を高め続ける、更新事業の全面的パワーを発揮して、2020年まで現代的国家を建設する」を議題とする文献について、第X期中央執行委員会の報告を言い表した。

ドンナイ省代表者団は大会で文書を読んでいる

 

2011年~2020年にかけて経済・社会発展戦略は工業化・近代化を促進、あらゆる階層の人々のパワーを発揮、富強・民主・文明の社会主義の現代化国家
を建設している。3つの主要な目標を確定した。それは以下の通り:

1) 社会主義市場経済完全、公平競争環境・行政改革を中心として発展する。

2) 人材開発、特別は質の優れた人材、教育・訓練更新、人材開発と科学・技術導入を結ぶ。

3) インフラ及び、現代的な工事の建設、特別は交通システム、大きい都市のインフラ。

その上記の戦略を実現するため、ノン・ドック・マイン氏は所有形態を促進、経済セクターを多様化、社会主義市場経済に対する党の役割・効果を高めるよう求めた。

また、国家開発戦略の1つの内容は文化、教育・訓練、環境保護、国防、外交、民主を開発することである。

政治省の委員のチュンタンサン氏は第X回執行委員会の意見書を読んだ。

1月12日の午後、大会の文書について協議した。

ドンナイ( Dong Nai)紙による  翻訳者:Hong Phuc