ロン タンーニョン チャックの旅行

アップロード: 20/07/2011
HTML clipboardベン ゴー村

ブンタウT交差点より、国道51を4km行って、観光客は約300歳の文化地につく。それはベン ゴーの古村である。

設立年はいまだに不明だが、ここは木や竹を森からサイゴン・チョロンへ商売する場所である。ベン ゴーの古村はアン ホア村、ロン フン村、ロン タン区のフオク  タン村、ビエンホア市のロン ビン タン区の中に位置している。

考古学者は研究するうち、2000年前の銅器時代に住んでいた人々の遺跡物を発見した。

アン ホア聖堂は歴史遺跡のランキングが与えられて、ロン フンのプライドになってきた。聖堂には次の美しい木造建築を有する:横彫刻漆板、屋根先・柱・横けたの上にある二竜月見・菊・雲川・五府門等の伝統的な彫刻。

ベン ゴー聖堂は1932年に建てられ、ビエンホア市の一番最初の聖堂である。

世紀19初期以降、ベン ゴーは船競走について有名である。ボートは軽い木材で作られ、

長さ16メートル、幅1.6メートルである。競走チームのメンバーは指揮1人、応援するためのどらを鳴らす人1人、脱水1人、ドライブ1人、真ん中5カップル、後ろ5カップルである。現在、船競走がまだ維持されていて、毎年地方のコンテスト、地域のコンテストに参加していて、地域の代表として全国のコンテストに出る経験がある。

フ ミー聖堂

ロン タン区より2kmを離れているチュウ市場のT交差点に西南方向のアスファルトで舗装する道路を通ったら、英雄のフー ホイ村に着く。現在、フー ホイへ行けば、フ ミー聖堂へ訪問すること。

フ ミー聖堂は古風で、陰陽のタイルの屋根、古樹の林の中に隠れて、南部の聖堂の代表建築を有するものである。ここはフー ホイの住民の神聖な行動を記録するのである。

1969年10月にホーじいさんの死亡で、フー ホイ住民の心に傷をつけていた。悲嘆の中に、長老たちはホーじいさんへの哀悼と感謝の気持ちを表すように方法を考えた。フーミー聖堂の横彫刻漆板が虫に食われたことを理由として、グエン バン ヌング氏及びタン リエト氏が下記の内容で横彫刻漆板を新たに彫刻した:

ホー・ティエン・ニー・ティエン(神聖な湖)   

チー・ボン・タン・アン(意志に深恩が聞こえる)

ミン・ホアイ・ハウ・ドク(道徳が子孫に伝わる)

(頭文字はホーチミン主席の名前になる)


現在、3つの横彫刻漆板、はドンナイの博物館に保存されている。

ニョン チャック区のサック森戦区及び戦争による死亡軍人の聖堂

サック森はドンナイ省の東南部、ニョン チャック区・ロン タン区に属している、面積何千kmの塩水性湿地である。

サック森には豊富な植物園があって、マングロープ、スキンの木、スー(Aegiceras)、マン、コルクなど段階に繋がっていて、水には魚とエビが囲んでいる。ここは泥だらけで、多くの川が交差している水湿地である。

フランスの抵抗の最初の年以降、サック森は革命の地区になった。ここは、アメリカ軍のB52爆撃、化学ダイオキシン(Agent Orange)、現代的な武器・戦船と多大な軍力の襲撃などを目撃した場所である。ここも人間の真理、意志、信念が何よりということを証する場所である。一川、一チャネル、一土地には戦争の功績で輝く:フランス人の軍事船が沈没したことと、アメリカ人のVictory船及び数万トンの爆弾が同様、ツイ ハーの爆弾倉庫・ニャ ベーのガソリン倉庫が燃えたことなどである。

第10団の625軍人、ニョン チャック区の1400人がこの衝撃の戦場に死亡した。

死亡者の恩を哀悼するために、昔のサック森戦区の入り口に死亡者の聖堂が設立された。

クー ラオ ジャイの遺跡区(紙の島)

クー ラオ ジャイの遺跡区はフオク カン村、ニョン チャック区にあって、観光客を誘致している場所である。ここは川辺の園と林が囲まれている場所である。名前で呼ばれるように、ここには紙の花(ボン ジャイ)が多く栽培されて、紙製造工場もある。

穏やかな川辺の光景を鑑賞して、友達とお話をして、ハンモックの上に横になって、美味しい空気を一気吸うこととともに、ボートをごく、端から飛び込む、安全なブイで川の中に浴びる等のピクニック区にある活動にも参加できる。クー ラオ ジャイへ行けば、穏やかで、ロマンチックな光景を鑑賞する上に、現地の美味しい焼き物を食べることもできるのである。