伝統的な行事

アップロード: 20/07/2011
HTML clipboard

旧正月-テト(旧暦1月1日)はベトナムの最大年中の伝統的な行事である。ベトナム旧正月は国の「開発創設」時代より、人間と自然・世界との関係を表す人文価値を潜在するのである。又、テトはベトナム人が祖先・根元を慕い、祖先を感謝し、道徳の人生観である「前人の植えた樹」及び近所との感情を表す機会である。

テトになると、人々は家のデコレーションをし、絵をかけ、テトを一緒に楽しめるように祖先を迎える。ドンナイ少には、黄色い梅の花(ベトナム語「Mai」という花)が年頭日には欠かせないものである。

テトには、各家庭の祖先仏壇の上に、お菓子各種以外、「5つ果物のトレー」も欠かせないものである。Dong Nai省には、他の南部の省市と同じように、次の果物を含む:ココナッツ、釈迦頭、パパイヤ、グリーンマンゴ、イチジクの枝(もしくはその他一つの果物)。「5つ果物のトレー」は天上よりの富で、人間の繁盛の熱望という意味を表すものである。テトの時、Dong Nai省の人々は開筆・芽を取る・祝い・春の散歩・長寿の祝い等の伝統的な習慣を維持している。

ベトナムのお盆にあたるVu Lan祭り(旧暦7月15日)とは犯罪を許す祭り、つまり地獄にある犯人はこの祭りになると全員許される。従って、世の中に人々は仏壇を立て、お供え紙を燃やし、祖先及び世話をする人のない幽霊へ祈りを送る。又、福徳行動をすることを意味として、人々は鳥を空へ飛ばし、魚を川に流すこともする。

中秋節は呼ばれているように、秋の真中である旧暦8月15日にある子供の祭りである。

バイ・チュン・トゥーと呼ばれるお菓子はその時の特殊で美味しいお菓子である。輝く灯籠・星灯などを持って、子供たちはグループに集め、賑やかな獅子舞や太鼓と一緒に歌を歌ったり、踊りをしたりする。月を鑑賞するために、色々な方法がある。大人は大人の楽しみがあり、子供も子供の楽しみがある。