テトのジャムがよく売れない

アップロード: 20/07/2011
市場をあふれさせる菓子の数量と比較し、数年間は画期的な原料、デザインがなかなかないせいで、テトのジャムが消費者の心の中にだんだん位置がなくなってしまう一方である。

今、各種類のジャムが過度な価格レベルになっている。例えば、カボチャジャムが45万ドン/キロ、cu nangジャムが75千~8万ドン/キロ、しょうがジャムが8万ドン/キロ、1キロ当たり1万ドン増、ハスの実のジャムが15万ドン/キロ・・・昨年の同時期に比べ、それぞれの種類のジャムがせめて2030%増える。

多くの売り手が次のように説明した。砂糖の価格が24千ドン/キロ値上がりし、ハスの実、カボチャ、サツマイモ、柿、しょうが、ココナッツなど・・・各種類の原料が全部値上がりしている。しかし、テトのジャムが大部分のこの原料を使用する。それで、ジャムを値上がりするしかたがないから、生産事業所側が利益を得る。

 

 

多年数はテトジャムが原料とデザインを変更していない。

ジャムが値上がりしているが、反対に、今年の消費力がかなり減ってしまう。他のお菓子の消費力が毎日増えつつある。それと反対に、テトのジャムがまだ売れない。ビエンホア(Bien Hoa)市場で売っている1人の売り手は「消費者は以前のような人気がありません。テトのジャムが値上がりなので、売れにくいです。それぞれの種類には顧客に売るように、私たちが2~3キロしか取りません。そして、顧客は要求がある時だけ、私たちがもう取ります。」と理解した。

しかし、買い手であるヴォティトゥサン(Vo Thi Thu Sang)さんは「今は、ジャムを買って帰ったら、食べる人が少ないが、テトの時、お菓子と食べ物が一杯ですから。それに、テトを過ぎて、私のうちでジャムが半分以上残りました。でも、買わないのがだめですね。テトの時、多くの客さんが来ますから、足りることができません。と言った。

不衛星の各種類のジャムに関する情報が毎日多くの人に心配させている。菓子の店や代理でも以前ような多くの商品を貯蔵しかねるが、赤字がないように「どこまで売るとどこまで取る」仕方に沿って限定的な数量で製品を買う。

ビエンホア(Bien Hoa)市場で菓子を売る代理人であるホアさん「去年、テトが近づいた時、商品がまだ一杯残っていたから、今年は多くの製品を取りかねます。」と言った。

種類のジャム以外、種類の実も高く値上がりしている。特に、累加の実が7万~75千ドン/キロ、クリの実が23万~24万ドン/キロ、1キロ当たり2万ドン値上がりしている。また、カボチャの実が14万ドン/キロ、カシューナッツの実が1922万ドン/キロ、1キロ当たり45万ドン値上がりしている。

 

各種類の実は一層値上がりしている。

以前からすいかの実が赤い染色で毒性発がん物質を含有するという情報からの影響なので、さらに、多くの買い手が威信を持つ配分事業所もしくは、明るい情報と起源がある製品を選んだと肯定しても、今までも多くの消費者に心配させている。

ホアさんも「今年のすいかの実が遅く売れます。多分テトの近づいたら、売れるかもしれません。すいかの実が売れるかどうかと判断するように、今はまだ早い時点です。そして、現在の顧客はまだ多くない数量で長年取引のある人です。」と言った

現在、市場で買い手がスーパー側が安定的価格で以前から貯蔵したから、普通売れるスーパーにある製品の数量で心配している。それに、スーパーで提示する製品は顧客が食品衛星について安心する。また、多くのキャンペーン、値下がりのプログラムが展開されるのは多くの種類の商品理由がテトの前に、なくなるからこそである。

                            記者 (Thanh Minh)                                        翻訳者 (Hong Loan)