ドンナイ(Dong Nai)省は2011年間を通じて価格を安定させるプログラムを実施

アップロード: 20/07/2011
インフレ制限・マクロ経済安定・社会保障の確保に関する政府の議決11号をちゃんと実施する精神に基づいてテトにおける価格を安定させるプログラム以外、ドンナイ人民委員会は商工所にその前のこのプログラムの成果の発揮に基づいて2011年の価格を安定させるプログラムの実施することを任せた。

·        毎月の価格を安定させるプログラム向きに800億ドン

商工所の副社長を務めるグインさんでは、今年の価格を安定させる計画は26000トンの米、650トンの砂糖、650000リットルの油、2600トンの鶏肉、3900トンの豚肉、1400万個の卵など6つの必需品に集中する。特に、約520トンの加工食品は価格の安定させる商品のリストから削除される見込みである。この商品がテトに価格高騰しか値上がりしかないと確認されたからである。

価格を安定させる商品は主な役目を2つ持つ。まずは市場の価格がゆっくり値上がりさせ、もしくは、値上がりしかねる。残りの理由は区域で価格高騰を防止する。

貯蔵計画については、商工所は企業が安定の小売の価格には大きな貯蔵の商品源を製造すべきだと勧めた。そして、商品は価格高騰の値上がりを起こす時、価格を安定させる商品は市場に比べ、約10%より低く売れる。

その内、ドンナイ(Dong Nai)食品工業会社の貯蔵商品が豚肉と鶏肉である。ビンミン(Binh Minh)飼育会社のが鶏肉。倉庫サイゴン株式会社のが米。Co.op Mart Bien Hoaスーパー、 Co.op Mart Tan Bienスーパー、Vinatex Mart Bien Hoaスーパーのが砂糖、油。鳥の牧場のが卵。ロンビエン(Long Bien)サービス貿易協同組合、タンフー(Tan Phu)サービス貿易協同組合のが上記の必需品であり、山の奥の村で流動商売を開催した。

 

スーパーは価格を安定させる製品を商売する場所である。

価格を安定させる作業に参加する時、生産企業は売る価格契約をしなければならない、そして、入力の原料や費用は部隊の価格安定を申し込む時点と比較して15%より価格高騰が値上がりする時、価格が調製できる。又は、生産企業と申し込む時点に比べ、3ヶ月連続で10%増加のレベルを維持する。そして、入力原料が5%の割引をする時、値下がりしなければならない。

取次店には、入力商品が10%より価格を上昇する時、販売の価格の値上がりが調製できる。そして、入力原料が5%以上の割引をする時、値下がりしなければならない。価格安定の作業を助けるため、企業の貯蔵する商品が20~25%である。特に、米が国家の価格安定のプログラムに属するものだから、ドンナイ省が小さな範囲で突然にしか干渉しい、それで、提出率が5%である。

今から2012年3月31日にかけて、上記の商品の数量を十分貯蔵できるように、商工所もドンナイ省の人民委員会に0%の金利で予算から融資し、部隊を許可する、又は、銀行の融資の100%の金利を援助することを建議した。その他、ドンナイ省側もロンビエン(Long Bien)サービス貿易協同組合とサービス貿易協同組合に山の奥の村で流動販売を1便当たり300万ドン支援することにした。分かっている所で、1ヶ月間における価格安定の運動の経費が約800億ドンの見込みである。

 そして、2010年のテトにおいて、企業のもらった価格安定プログラムを実施するのための資本金が370億7300万ドンだった。その内、金利のない予算の融資260億ドン(ドンナイ食品工業会社)、金利の支援された貿易銀行融資については、110億5400万ドンで3つの部隊がある。その内、Co.op Mart Bien Hoaスーパーが70億ドンを融資し、Co.op Mart Tan Bienスーパーが38億5400万ドン、そして、Long Bienサービス貿易協同組合が2億ドンを融資した。特に、タンフー(Tan Phu)サービス貿易協同組合が1820万ドンで遠隔地でテトに販売の運送代を支援される。

·        できるだけ価格を制限し

商工所の副社長を務めるチャウミングイン(Chau Minh Nguyen)さんは「制限の人材で商工所側が全部できませんから、人民委員会側が各県の人民委員会と企業に価格安定の責任を任せるつもりです。もし、各県の人民委員会がこのことをうまくすれば、農村の住民へベトナム商品の流通ネットワークを作るかもしれません。価格安定のプログラムはビエンホア(Bien Hoa)市だけでなく、他の地方まで低所得の人と中所得の人に向かいますから。」と企業と会議で2日ぶり発表した。

会議で、多くの企業、部隊はプログラムが有利に実施し、そして、住民の生活に適当するため、意見を出した。

農村・農業開発所の社長を務めるファムミンダオ(Pham Minh Dao)さんは全省では豚の数が140万頭、家禽の数が990万匹です。産量なら、178000トンの豚肉、150000トンの家禽ですと言った。飼育部門には、入力価格が高ければ、販売価格も値上がりしてしまう。それで、入力と出力の価格、企業と商品との連結、疫病、足りない商品の起こさないことなどを監査するため、国家の管理の仕組みが要る。

 

工業団地で従業員に流動販売をしている。 

食品工業本社の副会長を務めるフンコイフック(Phung Khoi Phuc)さんは価格安定の販売に参加する企業には規定については、せめて1カ所流通ネットワークを確立しなければなりません。でも、D&Fの製品が厳しい条件で保存しますから、やり難いと考えた。それに、農村が企業に原料を提供する場所ですが、農村に肉を運送しれば、「ぬかに釘」のようだと思います。フックさんは「それどころか、豚肉や鶏肉が冷凍して保存されるが、ビエンホア(Bien Hoa)市で販売の時、たくさん説明します。でも、農村で、住民が新鮮な肉の種類にしか慣れません。それで、農村に運送すれば、手間もかかるし、良い効果をもたらしません。」

フックさんはこのプログラムが効用のないことを起こさないように、価格安定の重要な点に集中したほうがいいと建議した。例えば、生産企業が価格を安定させれば、配分の企業が価格を安定させしない。

ビエンホア(Bien Hoa)市でVinatexスーパーシステムの代表であるトゥンさんは「欠く安定の商品が中所得の持つ従業員に向かいます。価格安定区域が彼らを助けることだと思います。もしまだ固定の販売所を建設しなければ、規定価格で流動販売を行わなければなりません。」と述べた。

トゥアンさんは「各企業がカ買う安定販売に参加するのは政治役目と消費者にブランドの広告にすぎません。実は、利益を持ちません、それどころか、販売、運送、貯蔵でも費用の赤字になるかもしれません・・・」ともう言った。

その内、Co.op Mart Tan Bienスーパーの副社長を務めるホンカン(Hong Khanh)さんは「先のテトに、市場の需要が突然にふえませんでしたから、企業が多くの商品を貯蔵しておきましたが、売り出し切れてしまいました。それで、今回は商品の数量がぴったりするように、よく計算した方がいいと思います。それに、貯蔵が多すぎる状態を起こさないようにしますが、企業が売れ出し切れさせません。でも、企業側がまた銀行に金利を払わなければならない。それで、企業が赤字になってしまいました。」と言った。

年間における価格安定商品を販売する企業は社会には責任をはっきりと表した。この価格安定のプログラムに参加するますます企業が多くある一方である。ところが、たとえ金利を支援されなくても、もしくは、予算から融資されても、5~10%の割引の価格安定で商品を販売している企業もあるのはタンフー(Tan Phu)サービス貿易協同組合 である。それで、この協同組合は住民が人気がある。

                           記者 (N. Thuong)                                  翻訳者 (Hong Loan)