ベトナムの先生の日に生花がよく売れ

アップロード: 20/07/2011
平日に比べて、生花の価格が高く値上がりするが、生花の店で11月20日ベトナムの先生の日に購入力が増えているそうだ。

ビエンホア(Bien Hoa)市にある生花の店主であるグエンティタンタム(Nguyen Thi Thanh Tam)さんは「ベトナムの先生の日の市場需要に答えるため、わが社は各種類の約10000本を取って帰えりました。その中に、5000本のバラ花と3000本の蘭の花です。」と言った。タムさんによると、数日前、花の価格が値上がりし、平日の価格に比較する時、4050%値上がりすると分かれた。祭日の近くと1120日に花の価格が2倍値上がりするということだ。一番高い値上がりするのはバラ花、蘭とシロスジアマリリスである。現在、バラ花の価格が1本当たり700010000ドンであり、ガーベラが1本当たり60007000ドンであり、蘭が1本当たり2000030000ドンであり、そして、シロスジアマリリスが1本当たり30000ドンである。

ベトナムの先生の日に生花がよく売れている。(写真)

花の店の社員であるタイバオ(Thai Bao)さんも「私たちの店が10000本のバラ花の各種類を取って帰りました。ベトナムの先生の日向きに花がよく売れています。1120日という祭日は他の祭日と同じではありません。生花はとても早く売れるものです。多くの教員は一週間に1、2回だけ学校へ来ますから、学生が祭日の前に花を買ってあげます。特に、祭日の近くに、団体です顧客は花を買うのはすごく多く増えます。」言った。

店主たちによると、多数の生等、学生は適当な価格なので、バラ花とガーベラを選んで買った。でも、高い収入の人とサラリーマンは蘭、又は、シロスジアマリリスを選んで買った。去年より価格が値上がりしても、売って出る花の数量が減らさないと分かれた。

                            記者 (N. Thuong)                                           翻訳者 (Hong Loan)