テトの前と後が少なく変動

アップロード: 20/07/2011
2011年度のテト状況に関する会議で商工所の報告書によると、商品源準備と物価安定の作業をよく実現するにおける、さっきのテトが全省物価について変動は起こさなかった。昨年のテトに比べ、商品の物価が約10%値上がりしてしまった。特に、豚肉、鶏肉、砂糖、米、油・・・など物価安定リストに属する必需品が比較的安定するレベルになっている。

テトに近づくいていたに山の奥に住んでいる住民の需要に答えるために、貿易促進センターと商工所はタンフー(Tan Phu)県、ディンワン(Dinh Quan)県、スアンロック(Xuan Loc)県、カムミー(Cam My)県、ロンタン(Long Thanh)県でも各県でベトナム製の販売を5回行った。参加者を30500人誘致し、売り上げが28億2千万ドンだった。その内、高い売り上げのある各地が7億ドン以上のカムミー(Cam My)県、ディンワン(Dinh Quan)県と約5億ドンのロンタン(Long Thanh)県である。

ドンナイ(Dong Nai)省でテトに供給する商品が様々な種類でテトに近づく日の価格が安定だった。2011126日(陰暦23日)から、市場で各種類の商品の物価が少し値上がりしていたが、各スーパー、貿易センターで物価が安定レベルになっていた。

 

スーパーで買い物している。

テトになると、スーパーでは買い物に来る多くの顧客を誘致した。その内、一番売れる食品以外、砂糖、鶏肉、油など物価安定の商品もよく売れた。スーパーでは5分~5割引の800つの商品以上で大きなキャンペーンを行ったものだから、テトに近づく数日に同時期に比べ、25%増の売り上げが1千億に到った。Co.op Mart Bien Hoaスーパーの売り上げが590億に達し、同時期に比べ、3040%増のCo.op Mart Tan Bienスーパーのが95億ドンに達した。

テト市場の物価安定を任せる部隊の一つであるドンナイ食品工業本社が商品の足りない状態を起こすようにしない市場に豚肉、鶏肉と加工食品を十分供給する目標で8つの物価安定販売所と4台の流動販売車で計画を展開した。D&F企業の社長であるグインタンフオン(Nguyen Tan Phuong)さんは陰暦25日から30日にかけての6日間、企業側が市場に昨年に比べ、20%増の約定価格レベルで100トン以上の豚肉、鶏肉と20トンの加工食品を出すと述べた。

市場では、商品の数量がとても多かったが、顧客の数が多くなかった。平日に比べ、30%しか占めなかった。スーパーで行われたたくさんのキャンペーンが多数の消費者を誘致したのは重要な原因である。

住民のショッピング要求に答えるために、陰暦2日から、市場がまた販売し始めた。テトの前に、商品の価格が変動を少なく起こさない。しかし、大きな市場要求なので、果物、牛肉、海産・・・など商品がまた高いレベルになっている。食品の価格が陰暦15日を過ごしてより安定すると予想される。そして、陰暦3日、多くのスーパーがまた営業した。Big Cスーパー、 Co.op Martスーパーでは年初の大きなキャンペーンを行った。その内、Big Cスーパーでは5分~4割引の1000つの製品で今から陽暦2月末長引く大きなキャンペーンを5回連続行った。

市場でほとんどの野菜、肉、魚の売り手が陰暦2日から営業し始めた。要するに、テトの後の主な需要が野菜、水産、海産と果物である。テトに入り、収穫と引き渡しが多くあったせいで、価格が平日より高かった。豚肉のが1キロ当たり7万ドンだけだった。それに、他の各種類の野菜が大きな需要をまだ発生していない。

                          記者 (N. Thuong)                                翻訳者 (Hong Loan)