トランスポートサービスが同時に値上がり

アップロード: 20/07/2011
多くの輸送企業では、未来に料金の調整の手続きをして行ったということである。しかし、今日でも行った企業もあった。

ホアンハ(Hoang Ha)輸送企業の社長を務めるファムホアンミン(Pham Hoang Minh)さんは「ガソリンと石油の値段が20%以上値上がりますので、料金が値上がりしなければ、車を買う仕方がない。企業が続けて稼動することができません。」と言った。

ミンさんでは、今回、企業のすべての乗り物の料金が値上がりすることになっている。その内、省内と省外のバスの料金が2~3千ドン/便を調整される。前回の値上がりした各便は今回により低く値上がりすることになっている。例えば、604便には1便当たり2千ドン値上がりする。特に、以前に比べ、乗用車と17席の客車には料金が15%値上がりすることになっている。

 

各輸送企業が同時に値上がりしている。(写真)

「企業が続けて稼動でき、そして、資本回収と利益を確保できるように、私たちは値上がりするほかはない。未来、料金の値上がりが必死だと思います」という言葉のミンさんである。

数日、水路及び道路輸送会社では、料金が18%値上がりする予定である。 この会社の副社長をホアンさんは「ガソリンと石油の値段しか約3千ドン/リットル値上がりません。未来、ワーカの最低の給料が83万ドンを調整することになっている。長い時間かから我が会社が料金を値上がりしません。それで、今は料金が値上がりしなければ、会社が続けて稼動できません。」と理解した。

省内にあるすべての輸送会社側が国家機関に料金申告書をして出したと肯定した。許可されれば、きっと企業がすぐ料金表を使用するでしょう。値上がりのレベルが1便当たり15~25%ことになっている。しかし、現在のような困難の経済状況に、顧客と費用を共有する観点で中等度のレベルで料金を調整する企業もある。

トンニャッ(Thong Nhat)輸送協同組合の副社長を務めるグインスアンティン(Nguyen Xuan Thien)さんは「ガソリンの価格が高く値上がりしても、それに、ワーカと運転手の給料も上がっても、我が協同組合が11%増えの新しい料金申告を決めました。実はガソリンの値上がりする値段の前に、私たちは50%の数台に燃料経済を投資し、同時に、3%から2%に管理費用を値下がりしたという理由です。未来、私たちは残りの車の改修ために投資して融資すると思います。」と言った。

ティンさんでは、各種類の車には新しいエンジンがありますから、燃料を減ります。特に、以前は1日当たり6便のバスには18万ドンの石油がかかります。現在のような22万ドンと比較して、燃料経済エンジンの付ける車には1日当たり石油が11万ドンだけかかりますと分かられた。ティンさんも「私は2008年度からの経験を積みました。燃料が高く値上がりした時、私たちは値上が っこない。逆に、顧客が多く買ったので、我が企業が赤字になりませんでした。それに、企業の威信もを高めました。料金が高く値上がりすれば、住民がバスで乗りません。それで、企業側も稼動できますし、住民も乗れますように合理的に計算しなければならない」と言った。

そして、現在、ビエンホア(Bien Hoa)にある他の品質乗用車、タクシの会社が料金を10~15%調整した。特に、タクシの価格が1~2千ドン/ドン値上がりするに事になっている。ティンアン(Thien An)タクシ社を副知事ディンさんはは「今日(3月4日)から、私たちは4席のタクシの料金が1キロ当たり11500ドンから13000ドンまで調整されました。それに、7席のタクシの種類には1キロ当たり12000ドンから14000ドンまでになりました。この料金は企業が赤字になるための市場のよう合理的なのです。以前の料金で私たちが多くの赤字になってしまいました。」と言った。

                  記者 (N. Thuong)                                                                         翻訳者 (Hong Loan)