ウェブサイトのリンク


世論調査

電子ポータルのインタフェースについて、ポーリング調査Đồng Nai
  • 美しい
  • の平均
  • 悪い
  • 外観を変更する必要があります!
  • その他のアイデア

ホームページ社会経済の情報

裾野産業企業は金利補償を受ける機会がある

アップロード: 01/03/2021
​   

2021年から、開発優先分野にある裾野産業の企業は、国家基金や地方基金、ODA支援金および他国からの融資から、金利補償を受ける事がでる。これは、裾野産業を発展させるための優遇措置の一つである。しかし、多く企業によると、これは表面の措置にすぎず、金利補償の前に、企業が融資にアクセスできるためのより多くのポリシーが必要である。

19.02.2021.17.jpg

裾野産業企業は工場や生産機械に高額な投資が必要である

支援施策の追加

国内の裾野産業の発展を促進するため、20208月に発行された決議115/CPは、2025年までにベトナム企業が競争力の高い裾野産業製品を生産でき、需要の45%を応え、業界全体の生産高の約11%を占め、多国籍企業に供給している企業は約1,000社あり、そのうち国内企業が30%を占め、そして2030年までに、国内企業の裾野産業は国内の生産と消費の需要の70%を満し、2,000の裾野産業企業で工業総生産高の約14%を占める目標を設定している。

この目標を達成することは簡単ではない。したがって、決議115号は、7つのグループのタスクとソリューションを定め、特に企業を支援するための金利補助政策、国家基金によって金利差を年間5%まで助成する政策が注目されている。政府の決議115号を実行に移し、産業貿易省は関連省庁と協力し、裾野産業企業への金利補償の施策方針を仕上げている。.

Covid-19の影響と経済の不景気により、銀行の現在の貸出金の利息率は以前に比べて比較的低い。年間金利を5%で助成される場合、裾野産業企業が実際に銀行に支払わなければならない金利は大幅に低下する。2021年以降、この金利支援政策が発効すれば、企業はローンを借り入れ、生産及事業活動を拡大し、流行の影響による困難を克服する事ができる。同時に、今後数年間で企業の再編と発展の機会が開かれる。

 

貸付条件を緩和する必要がある

Dong Naiでは、産業貿易省によると、現在、裾野産業に投資している約650企業がある。このうち、機械製造業は42%、繊維・衣料産業は23%、靴は18%、電子機器は13%を占め、ハイテク産業の補助部品を製造している企業は30社ある。

裾野産業は、Dong Naiが現地調達率を高めるために投資を呼びかけ、優先している分野である。他国からの投資を呼び込むとともに、国内企業の発展を奨励し支援することも緊急になっている。Dong Naiの国内の裾野産業企業の数は比較的に多いが、全体の約23%しか占めていないためDong Naiの裾野産業は依然として外資系企業に依存している。多くの企業での調査によると、ほとんどどは中小企業であるため、承認基準と条件をまだ満たしていなくて、認定の取得申請の種類準備も弱いである。多くの企業は自社事業の直接に影響がある政策を含めて政府の政策をよく把握できないため、優遇を受けるチャンスを見逃した。

同じ政策でも、国内企業がその利点を有効的に活かす事ができない。利用可能な支援政策を活かせず、資本も限られているため、国内の裾野産業企業は中々成長できない。一方、担保資産もないためローンの借入は不可能である。各企業にとっては、金利支援の前に、ローンへのアクセスの支援が不可欠である。なぜなら、借りることができなければ、金利優遇を受ける事も出来ない。

                                                 Vi Quan


カテゴリ