ウェブサイトのリンク


世論調査

電子ポータルのインタフェースについて、ポーリング調査Đồng Nai
  • 美しい
  • の平均
  • 悪い
  • 外観を変更する必要があります!
  • その他のアイデア

ホームページ観光地図

ロン カン-スアン ロックの旅行

アップロード: 22/01/2010
HTML clipboardチョイ滝

チョイ滝の生態観光地はスアン ロック区より29km離れている。ここは立派で荒野な山と森の絵で、ラ ガー川が岩の段を通りかかるところである。

現在、スアン ロック区の民間委員会がチョイ滝の隣に果物園、水面に観光ボートサービス、冒険的なゲーム、かつその他のサービスを投資している。

チュア チャン山の観光地

ビエンホア市より国道1を北部の方向で80km行って、ジャ ライ町・スアン   ロック区にあるチュア チャン山に着く。

ダイ ナン トン ニャット チーの本によると、「チュア チャン山はそびえ立つの姿があって、藤の木の多くロン カン区及びフオク ビン区の縁にあるダ ラオー溝に見下ろして、山の下に石の洞窟・井戸がある。」

チュア チャン山は高さ837mで、山頂の近くにあるブウ クアン寺(ジャ ラオ寺ともよよく呼ばれている)は多くの観光客行き先である。行事の日に、観光客数は約何千人までいって、とても賑やかな雰囲気である。

ブウ クアン寺は世紀20の初期に立てられて、寺の主殿はドームの形をしていて、竜のあごの形をしている石の洞窟の上に立てられた。寺の建築は全て自然の洞窟を基づいて、山森の中にある特殊な神秘で立派な光景を成形した。

ティエンの小川は水が澄んで、水が一年中ざわめきをして、流れの途中にある根が3つのベンガル菩提樹が昔からの伝説の証明となる。600メートルの高さから見渡せば、観光客は魅力的の自然の光景を楽しめて、苦労してきた道の後に心がリラックスされるのである。

現在、チュア チャン山にはドンナイ省の住民の二つの革命の跡が残っている。なぜかというと、ここは戦争の時、スアン ロック区の攻撃土台で、ブウ フン寺は開放戦いの時、補給部隊で、革命の軍人たちの居場所である。  

ハン ゴン古墓

ロン カン区より、国道1を何km沿って、スアン タン村(ロン カン区)のタン フォンT交差点に、国道56を曲がって、バ リア・ブン タウの方向で約3km行って、ハン ゴン古墓に着く。1910年に、フランス人は森を破壊して、ラバー木の園を設立した時に、ハン ゴン古墓を発見した。

4.2メートル、横2.7メートル、高さ1.6メートルのサイズで、大きいなグランニットの岩6つより組立されて、体重は50トン以上ある。岩の組立はふたとして溝があって、岩の平面が底になる。墓の両側には高さ7.5メートル、裁断面積0,4m x1,10mのグランニットの柱2つ及びピラミッドの形をしている、高さ3m~4.1mの普通の石の柱10つがある。ハンゴン古墓はサイズが異常に大きいのため、クウタック墓とも呼ばれている。(クウ:巨大、タック:石)

考古学者によると、この墓は約2000年前に立てられ、石の材料はダラット市やファン ラン市だけにある石である。どうやって道路・運送車などがまだできていなかった当時に、何トンかの岩が何百kmの距離で運ばれたのだろうか、まだ説明できていないのである。

1992年に、ドンナイ博物館が文化遺産を保護するために、この巨大な石の墓を修理した。当年、古墓は文化通信省より国家級の歴史遺跡と認められた。

古墓の中にある死体は東南部のマー・チョロー・スチエンなどの少数民族の祖先と言われている。現在、ハン ゴン古墓は考古学者がいまだに説明できない秘密がいっぱい残っている。


カテゴリ