ウェブサイトのリンク


世論調査

電子ポータルのインタフェースについて、ポーリング調査Đồng Nai
  • 美しい
  • の平均
  • 悪い
  • 外観を変更する必要があります!
  • その他のアイデア

ホームページ観光地図

ドンナイ川-ビエンホア市

アップロード: 27/02/2010
HTML clipboardクー ラオ フォー

チー アン滝より東海まで、ドンナイ川の流れは大小島を残して、その途中にビエンホア市の地域にその流れが二つの支線に分けて、細長い土地を抱いてきた。その細長い土地はクー  ラオ  フォー、いわゆるノン ナイ ダイ フォー、現在はビエンホア市のヒエフ ホア村、面積6.93km2である。

歴史によると:1679年に、トラン・トゥオン・スエン師団長は軍人組を連れて行って、 グエン主に降伏して、ベトナムで定住できるように申請した。グエン主は彼らを受け入れて、ドン・フォー土地(現在のクー ラオ フォー土地)を開発させた。クー ラオ フォーに着いてから、彼は現地の住民と協力して、ここを商売港になるように手を入れた。道路が広くされて、街・市場が設立されて、取引商品も豊富になって、よく外国の貨船が通っていた。クー ラオ フォーの沿革には次の事業に繋がってきた:畳編み、クワ栽培・養蚕、陶磁器、銅鋳造、木造、爆竹作り、砂糖キビから砂糖作りなど。

しかし、1776年におけるタイ ソン氏政権とグエン アン氏政権との戦いによって、クー ラオ フォーの立派な光景が壊滅されて、跡が残らないのである。クー ラオ フォーは昔の商店街・南部の第一繁華の商売港の使命が完了され、黄金時代が終了された。

開放日以降、クー ラオ フォーの人々は現地をビエンホア市の米の穀倉にしてきた。クー ラオ フォーは今お寺が5軒、修道院が3軒、聖堂が11軒、廟が3軒ある。クー ラオ フォーは様々な宗教信仰が存在していて、それらが調和した仕組みに形成した。

ダイ ヤック寺

ダイ ヤック寺はヒエフ ホア村(クー ラオ フォー)に位置していて、ビエンホア市の3つの最古寺で、政府より国家級の歴史遺跡と認められる。残りの二つのお寺はロン テエン寺(ニョン チャック区)及びブウ フォン寺(ブウ ロン文化観光センター)である。ダイ ヤック寺は建築が爪の形にしていて、面積約1000m2で、次の主な3つの部分がある:主殿、講義室、居住である。

ダイ ヤック寺は世紀XVIIの初期にタンダン僧(中国・クアン ドン省のラン  テー派の創始層グエン ティウの弟子)より設立された。

1779年に、ジャ ロン王の第3目の王女グエン ティー ゴック アンは、タイ  ソン軍を逃げる途中に、本寺に泊まった。その後、王様になったジャ ロン王(グエン  アン)がお礼として、高さ2.56メートルのアジダー像を修理する決定を与えた。その像が現地の人々より「大きいな像」とも呼ばれている。ミン マン王の時代になって、お寺が再度修理された。王女グエン ティー ゴック アンは「ダイ・ヤック・ティウ」と書いてある大きいな横彫刻漆板を崇拝した。

1952年に、洪水による影響で、お寺が厳重に破壊されたため、再度修理された。残念なことに、その修理にあたって建築がほぼ変わっていて、木の住や壁がコンクリートにより差し替えされた。

グエン フウ カンの聖堂

グエン フウ カンの聖堂はヒエフ ホア村(クー ラオ フォー)にある。

1698年に、グエン主はグエン ヒゥウ カン元帥をドンナイ地域(現在の南部)へ開発するように命じて、新地をジャ ディン府と名前をつけて、次の2区に分けられていて、フック ロング区及びチャン ビン区である。加えて、グエン ヒゥウ カン氏は村・坊などを区分して、軍部と農業部設立して、グー クアン地の才能のある人を当地へ移動するように誘致した。

聖堂はドンナイ川の南側を面して、広い庭がある。表面に青いエナメル陶磁の竜2つ、両側は一角獣2つがつけてある。住の列は竜が雲を抱いている形及び漢字の文字で沈み彫りされている。

1998年に、ドンナイ省の党部と住民はグエン フウ カン聖堂のキャンパスに、300年ビエンホア・ドンナイ地の歴史の記念石碑を建てた。毎年の陰暦516日及び111日に、人々はあそこに訪問して、南部地を開発・設立した祖先の多きな功労へ追悼をすること。

グエン フウ カン聖堂は政府より文化歴史の遺跡と認められている。

オン寺の歴史遺跡

オン寺はヒエフ ホア村(クー ラオ フォー)・ビエンホア市に属していて、グエン フウ カンの聖堂より100メートル離れている。以前はミュウ クアン デー寺で、現在タト フー コ ミューと呼ばれている。この寺は南部の一番最初の中国の寺である。(1684年ごろ設立された)

オン寺は「口」の字の形で建築された。お寺の外側はベトナム伝統的な芸術であるハット ボイ・ハット トウーグ・帝国の歌踊の挿絵や日氏・月氏の挿絵の青いエナメル陶磁で、特殊な建築に形成した。加えて、お寺の表に、ブウ ロンの芸人が加工した彫刻もビエンホア市のミン フオン建築の特徴の形式になったのである。

特殊な建築の信仰場所のため、オン寺は訪問・研究・祈りの目的で、大勢の観光客の行先である。

タン ティウ ザポン村

ここはBien Hoa市のザポンの有名な特産に繋がる地域で、タン ビン村・ビン クウ 区に属している。ここのザポンはブオイ ディオン、ブオイ タン、ブオイ カン、 ブオイ オイ などの色々な種類ある。タン ティウの土地は沖積層及び水の供給が豊富のため、ザポンの木は早く成長して、美味しいザポンを実るのである。タン ティウのザポンは地方だけでなく、ベトナム全国・外国にも有名である。収穫時期になると、ザポンの木はザポンの実に積まれて、ザポンの枝が土地に近く下げて、観光客は手で取ってドンナイ省の甘さを楽しめるのである。

6. ブウ ロン観光文化区

ビエンホア市の中心より6km離れているブウ ロン観光文化区はハ ロン湾の小模型のようで、岸壁は青い湖に映って、素晴らしい自然ができた。山が高く、湖が広く、全て宗教の印象の入った建築と合わせる。

ブウ ロンにいけば、船や白鳥の形の足動のボートで湖の上に遊覧したり、山にハイキングや陰の多い木の園の中にキャンプをしたり、特産の料理を食べたりすることができる。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

湖の隣に二つの低い山がある。ブウ ロン 山の上に、悟りの木の陰に隠れている有名なブウ フォン古寺、古径のティエン ハウ聖堂、口蓋の形をしていて鐘乳石が下げている神秘的なロン ソン タック ドン洞窟がある。湖・お寺へ訪問して、水の上の ゲームを体験してから、観光客は有名なタン ティウのザポン村やブウ ロンの伝統的で17世紀の印象を保存し、山の足に位置している石彫刻の村へ訪問することができる。

ブウ ロン文化観光センター及びブウ ロン古寺が国家級の遺跡と認められている。 ブウ ロン及びロン アン湖は休日に自然の中に遊びたいという観光客にアピールしているのである。

トラン ビエン文学聖堂

1715年に、主グエン フック チュはタン ライ村、フック ビン村(現在ブウ  ロン町、ビエンホア市)を選んで、トラン ビエン文学聖堂を設立し、ここの文化教育センターになるように、防御長グエン ファン ロン氏及び記録者ファン カン   デゥク氏に命じた。

トラン ビエン文学聖堂は南部の一番最初の聖堂である。風水術によると、文学聖堂が位置している土地はいい土地である。ダイ ナン トン ニャット チーの本には、「南側にフオク ジャン川に面して、北側にロン ソン山に寄りかかって、トラン  ビエンの一番きれいな光景である」と書いてある。聖堂は1794年及び1852年において、2度修理された。

毎年、春と秋の爪の日に、主グエン自身が行事を行うためにトランビエン聖堂へ訪問していた。1802年以降、主グエンはジャ ディン城の防御長とビエンホアの防御長と教育部長へ毎年聖堂へ訪問するように委任した。

2002年に、トラン ビエン聖堂はブウ ロン区・ビエンホア市より3km離れている昔の地下室を元に、新たに建設された。現在の聖堂はベトナム及び南部の文化名人の崇拝と個人・団体の高い正式の記録と伝統的な行事・文化活動が行われる場所である。

1861年に、フランス植民がビエンホア市を占領した際、聖堂は完全に破壊された。

 ボー ハ タン氏のビル

ブウ ロン観光地(道路24号)の主門を通って、観光客は1世紀の3分の1期間前にフランス系の建築で設立されたタン氏のビルに着く。

ボー ハ タン氏は1876年にクアン ガイ省の貧乏な家族に生まれて、子供時代からお父さんにビエンホア市へついていった。当時、彼は生活を稼ぐために、雇う人夫、石開発、建設、ラバー木の園を設立などの色々な職業をやって、だんだん裕福になって、ビエンホア市の主なラバー園主総督になって、フランスの政府より「おおぐま座のメダルが与えられた。

この建物は1922年に建設開始で、1924年に完成されて、ビエンホア市の「ボー」ビルと同じような建築で、当時のビエンホアの一番大きいな住民の宅で、原材料は全てフランスから船でベトナムへ運ばれたフランス製のものである。

1947年に、ボーハタン氏は死亡して、彼の子孫がトラン ビエン文学聖堂の入り道に芸術の高い石の墓を立てた。

タン氏のビルへ訪問すれば、彼の墓へも一度通って、貧乏な出身より偉大な産業を設立できたという人生ももう少し詳しく知るのである。

タン バン・ホア アン陶磁器村

国道1A号を沿って、ホーチミンよりドンナイ端へ行って、右折後約1km行けばタン バン陶磁器村に着く。

タン バンには、一番最初の陶磁器炉が1878年に建設された。その後、びん・つぼ等を造って、クウ ロン デルタの住民、かつビン トアン・フー クオク島等のヌクマム生産地に供給してきた。

当時より、ビエンホアの手工芸品の陶磁器が外国(フランス、日本、インド、カンボディア、ロシア等)の展示会に出品して、多くの標章を貰った。ビエンホア市も1963年に、ビエンホアの美術実行学校の博士レー バー ダングにより現代的な手工芸品の陶磁が生まれた場所である。

今では、ホア アンのタン バン町、ブウ ホア町には約100陶磁器ワークショップがある。ビエンホアの美芸陶磁はわずか1世紀の4分の3の期間内で、ビン ヅオン省の陶磁、ホーチミン市の陶磁、ビン ロン省の陶磁に広がって、生活を飾るのに貢献してきた。

 グエン チー フオン氏の聖堂

グエン チー フオンは世紀19末における天才で勇気な総督で、南部の各省の新地開発に工夫した人である。彼の死亡の後、敬服の悼む心を表すために、ビエンホアの住民はミー カン村、トラン ビエン郡に(現在ブウホア町、ビエンホア市)この聖堂を設立した。1992年に、文化通信省より国家級の歴史遺跡と認められた。

行事の日に、他の地方の人々がここに集めて、幸福を祈る。毎年、陰暦10月の中旬に、ここに伝統的な3日間経過のキー イエン行事が行われている。近遠の人々は大勢参加して来る。

 フン王の聖堂

ビン ダーにあるフン王の聖堂は国祖フン王の崇拝する場所である。聖堂は国道15号、3町、ビン ダー区、ビエンホア市に位置している。1968年より建設開始で、1971年に完了して、費用につきましてはタン ヒエフ村の長老14人が住民の寄付を誘致したのである。フン王以外、ホーチミン主席及び14人の長老も崇拝している。

フン王の死亡記念日は毎年陰暦310日に開催されている。その他、519日にホーチミン主席の誕生日の記念日も行われている。行事の開催などはフン王の聖堂の管理部門が担当している。住民の中に、有徳で威信のある人1人を選んで、その人が行事の服装を着て、音楽の流れと合わせて、インセント・お茶・お酒を提供する義務がある。フン王の行事の前には、ホーじいさん(バック ホー)に対する「イェット」行事を行って、ホーじいさんの許可を得て、ホーじいさんと一緒に祖先に誠意を提供する意味がある。フン王に対する正式の行事はその後である。

タン ヒエフ監獄

ビエンホア市の中心より、国道1の北部を約3km行って、タン ヒエフ監獄に着く。タン ヒエフ監獄はタン ティエン坊、ビエンホア市に属して、現在はビエンホアの矯正センターと呼ばれている。

ここには、1956122日において、タワーのガードのシフト変更のベルが鳴っていた瞬間、共産党の囚人が電話・銃庫などの大切な場所を占領して、監獄の総督を抑えて、約400人以上の党員を逃げるようにサポートした。その党員には、その後ベトナムの政府及び共産党の重大な位置を担当した人もある。

緑家の遺跡

ビエンホア市の中心より、国道15を沿ってマイ クアのT交差点に右折し、500mを行って、観光客は緑家の遺跡に着く。ここは戦争時フランス植民のビエンホア小区の指揮所である。  

緑家はキャンパスの広さが約100002以上で、フランス風で構築の同じ2階建てで建設されて、屋根は魚のうろこのかわらで、周りは厳重のガードのタワーである。ここには、1959年7月7日において、国内外の有名な戦いが発生された。ベトナムの特命グループが5人で、緑家に挿入して、アメリカのコンサルタント2人を殺して、その他の仕官もけがをした。(アメリカには、ベトナム戦争で死亡したアメリカ軍人の記念台にはそのコンサルタント2人の名前が載っている。)

その戦いはビエンホア住民の攻撃意志を表して、アメリカの占領陰謀及び傀儡サイゴン政権の性質を明らかにした。

タン ラン神殿

タン ラン神殿は人が囲まれているグエン バン チー通り、ホア ビン町、ビエン ホア市に位置している。タン ラン神殿は文化通信省より国家級の歴史遺跡・芸術建築と認められた。

歴史によると、最初的はタン ラン神殿がケン城にある小さな神殿で、ミン マン氏の政権の時代に住民がドンナイ・ジャ ディン地の開発に貢献したトラン ビエンの総督トラン ティオン スエンに敬服を表すためである。2回の移転後、聖堂の位置は現在のようになる。毎年、総督トラン ティオン スエンの死亡記念日に、住民は伝統的の大きな行事を開催している。

ビン チュオクの会場

ビン チュオクの会場はビエンホア市の中心に位置して、ドンナイ省の病院の向かいで、タン ビン町に属している。この会場は1936年にボー レンというフランス人により設立されてから、現地の役員の会議室・オフィスになった。又、ここは1945年に政権を手に入れた後、ビエンホア市の最初の管理部を設立する革命の遺跡の場所である。

チン ホアイ ドクの墓

チン ホアイ ドク氏(1765-1825)はベトナムの文化名人である。彼の中に中国とベトナムの二つの血流があるが、トラン ビエン地は彼の生まれたころからの故郷である。

チン ホアイ ドク氏の墓は国道1とグエン バン チョイ通りの間にあって、チュンユン町、ビエンホア市に属している。彼の墓は妻の墓の隣に立てられて、周りは石の壁がある。墓の表は精密に彫刻される小さな祭壇がある。石碑はきれいなデザインで、色も墓全体とよく合うのである。墓の後ろは竜が雲を抱いている形をしているセメントの浮彫壁がある。

毎年、タン ミン時(墓訪問時)になると各地方の人々がチンホアイドク氏の貢献を忘れずに、彼の墓に集めて、崇拝式を行う。

ドアン バン クーの聖堂

ドアン バン クーの聖堂は1956年に建設されて、国道15・タン ヒエフ町に属していて、面積は約30002である。聖堂は住民が秘密のティエン ディア会の総督ドアン バン クー氏及び1905年におけるフランスのブン キュウに対する攻撃で死亡した16軍人の崇拝場所である。

聖堂は仕切り室が3つある。ボーカー室は面積3042で、主室の向かいにあって、中には小さな木造のステージがある。ここは行事の時、ハット ボイ(ベトナムの伝統的な劇)などの芸術の演劇場である。

2002年に文化通信省より国家級の遺跡と認められた。


カテゴリ