ウェブサイトのリンク


世論調査

電子ポータルのインタフェースについて、ポーリング調査Đồng Nai
  • 美しい
  • の平均
  • 悪い
  • 外観を変更する必要があります!
  • その他のアイデア

ホームページ社会経済の情報

スマート化病院に目指す

アップロード: 25/12/2018
患者が診断する時の混雑状態が発生しないこと、病院が健康診断及び治療をよく結合することなどは医療施設で実施し、スマート化病院に目指すための最初の段階である。​

患者に便利なものにする。
最近、NHON TRACH区の医療センターでは、患者に対する診療の時に便利なものにするために自動シリアルナンバ受取システムを展開している。LE THI HAI氏(住所:NHON TRACH区LONG TAN村)は、「お疲れ、熱がある等時に医療センターへよく行かなければならない。以前、その他の多数患者と同様で、診療簿を提出しシリアルナンバを取得するための医療所へ早く行かなければならい。何度でも、待つ時間が長いので、健康診断を行うと、午前又は午後に仕事を休む必要がある。しかし、現在、センターへ行く時に自動シリアルナンバ受取機を使用できるので、約30分で診断を完了し、以前よりもはるかに早くなる。」と話した。PHAN VAN RO氏(70歳、NHON TRACH区PHU HOI村)は糖尿病・脊髄退化等の多くの病気があるので、医療センターのほとんどの診療科で診断し、治療した。ほぼ毎月、RO氏はセンターへ診断し薬を取得しに行く。彼は、「自動序数が患者に便利・公平なものにする。早く行く者が前の番号を受け、より遅れる者が次の番号を待つので、混乱にならない」と考えている。なぜなら、以前、RO氏は診断の時に番号を取得したが、順番が乱されたので、診断時間が長くなる。
また、NHON TRACH区の医療センターはコンピューターで診療書類を保留している。患者が診療を登録する時、コンピューターで該当患者の関連情報が保存される。それから、次の診療で、医者と患者は診断経過・病歴・使用済み薬及び技術サービス等の情報を全て知っている。NHON TRACH区の医療センターのセンター長であるHO THANH PHONG氏の医者は、センターへ行った患者の診療情報がセンターにて使用されているFPT株式会社の診療管理ソフトウェアで生涯にわたって保管されると言う。

 

03.12.2018-1.jpg

 

 DONG NAI省病院の医者はCT・MRIスキャン後の短い時間で詳細結果を見て、患者に判断を早めに出すことができる
 
NHON TRACH区の医療センターのみでなく、省の多くの医療センターでも診察と治療にITを適用している。私たちは、ドンナイ省病院のIT部門で自分の診療情報検索ソフトウェアを利用した。診療、処方箋、担当医者等に関する全ての情報が詳しく表示された。
ドンナイ省病院のIT部の部長であるNGUYEN VAN PHI氏は、「患者が医療所で診療し自動シリアルナンバ受取機を使用する時、システムがデーターを分析し、該当専門科へ配分する。その時、患者が長く待つ必要がない。医師が各患者の特定状態に従って、処方箋に印刷された診断時間の通に予約するので、患者がピーク時間に集中されなく、日中の全て時間枠に配置される。ソフトウェアが患者の各診断段階時間を記録しすので、遅く行う段階発生又はサービススタッフ不足の場合、病院の管理者がソフトウェアシステムに基づいてスタッフを早めに調整する。そのため、患者の待ち時間が短くなる。」と話した。
病院に対する圧力減少
内部ネットワーク接続があるIT適用で病院の活動がプロになる。THONG NHAT病院での要求に応じる診断科のスタッフは「以前、患者が診療簿を買い、情報を記入し、病院スタッフが情報を再記入し、診察室に診療簿を渡す時間で待つ必要がある。医者が診断の後に結果と処方箋を診療簿に記録し、患者に返却するために薬売り場又は受付に該当診療簿を渡すので、時間がかる。近年、患者情報票を通じて、医療スタッフがこの情報を診察室に転送するためにマウスのみを押下する。その後、診断結果、処方箋、再診断の日付、医師の指示がシステムに記入され、お客さんに情報を印刷するために薬売りに送信される。このプロセスは、以前のものと比べて半分に短縮されているので、多数の患者にもかかわらず、医療スタッフが圧力を受けなくなる。また、患者が長い時間で待つ必要がない」と述べた。
NGUYEN VAN PHI氏の発表の通り、スタッフが患者に関するデーターを病院のソフトウェアへ連続的に記入する。ITシステムでは、患者が病院へ行く時から全て情報を記録する。患者情報が秘密に保存されるので、医師と患者のみが知る。ドンナイ省病院では、X線、CT、MRIスキャン等の場合、任意の科の医者が短い時間で結果を見ることができる。その事は、重度な症例、救急の場合に対する特に有益となる。なぜなら、医師はソフトウェアに記載される診断結果を早急に得るため、判断を早めに出すことができる。以前、ITがまだ適用されなかったので、各医師は自分の部門の患者しか知らなかった。X線、MRIスキャンの場合、医師は画像診断部門を待つ必要がある。
しかし、過去3年間、病院の医師はアカウントが提供されたので、患者の情報にアクセスすることができる。将来、医者は患者の情報を電話に連結した後にどこでも該当データーを見ることができる。医療省からの承認を受ける場合、CT、MRI、X線のスキャン結果がデジタル化され、現在のよに印刷する必要がない。その時、診療費用を減少し環境を保護することができる。各画像印刷費用が30,000-50,000VNDであり、破壊時間が約50年間となる。医療省は画像のデジタル化を行い、システムに保存するためにデーターに切り替える。現在、当省は10つの中央レベルの病院でテストを行っている。
病院におけるIT適用基準
最近、医療省は、診療及び医療管理に新技術を導入を促進し、スマート化の病院に目指すための病院における情報技術適用基準に関する通達第54/2017/TT-BY号を発行した。
この基準セットでは、7つのレベルに分かれている。6級-7級を満たす病院(病院の情報管理ソフトウェア(HIS)、検査管理ソフトウェア(LIS)、画像保管・伝送ソフトウェア(PACS)、電子病歴ソフトウェア(EMR)、患者に対する情報検索・人造知能適用の許可ソフトウェア)はスマート化の病院に認められる。
                                                                                            Khanh Ngoc

 

 


カテゴリ